2015年06月30日

菓子銘:くず水無月

new_001.jpg


菓子銘:くず水無月(みなづき)
材料:くず粉、砂糖、塩、鹿の子

早いものでもう1年の半分が過ぎてしまいました。ご近所さんとも「毎日お暑いですね〜」という言葉を交わす毎日です。
本日6月30日は京都では水無月を食べる日です。1年のちょうど折り返しにあたるこの日に、この半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事「夏越祓(なごしのはらえ)」が行われます。この「夏越祓」に用いられるのが、6月の和菓子の代表ともいう水無月です。
貴族は氷室の氷を食べて暑さをしのぎますが、庶民は氷など手に入らないため、葛餅や外郎を三角形に切り氷を表します。小豆には邪気払いの意味が込められていると言います。
6月のお茶会ではこの水無月は良く使われます。 
posted by 藪下敦子 at 13:23| 和菓子コラム